2016年12月02日

三島賞に青木淳悟さん、山本賞は原田マハさ

第25回三島由紀夫賞・山本周五郎賞(新潮文芸振興会)の選考会が15日、東京都内のホテルで開かれ、三島賞は青木淳悟さん(33)の「私のいない高校」(講談社)、山本賞は原田マハさん(49)の「楽園のカンヴァス」(新潮社)に決まった. 賞金は100万円. 贈呈式は6月29日、東京・虎ノ門のホテルオークラで. 青木さんは2003年、早稲田大在学中にデビュー. 「私のいない高校」は、高校教諭の大原敏行さんの著作「アンネの日記 海外留学生受け入れ日誌」を参考に改編、創作した実験的な作品. ブラジル出身のカナダ人留学生がやってきた高校の日常を視点を固定せず淡々と描いた. 青木さんは「この作品は半分以上、参考文献に依拠して書かせてもらい、自分で書いたという感じがしないくらい. 自分の体験は何もないが、自分がそこにいるような奇妙な感じがあった. 本はまだ4冊. 魔界戦記ディスガイア4 Return』第 adidas サッカー 受賞をきっかけに状況を打開したい」と話した.
posted by AoyamaMiho at 06:03| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください