2015年03月10日

オスプレイ、軽度事故も多発 米海兵隊の全

米海兵隊は8日、沖縄への配備が予定される米軍の新型輸送機オスプレイMV22が、2001年から今年7月までに計40件の事故を起こしたと明らかにした. 重大事故に分類されない事故の発生率は、海兵隊が運用する全機種の平均よりも高くなっている. 海兵隊は事故を深刻度別に3段階に分類している. 公表されたデータによると、01年10月~今年7月の期間では、死者が出たり、200万ドル以上の損害が出たりした「クラスA」は4件、重い後遺症が残る負傷者か50万ドル以上の損害が出た「クラスB」は9件、軽傷者か5万~50万ドル未満の損害が出た「クラスC」は27件だった. ナイキエアマックス モモンクレールンクレール roatiripdi 事故発生率の指標である10万飛行時間あたりの事故件数は、「クラスB」で2.85件で海兵隊が運用する9機種平均の2.07件よりも多い. 「クラスC」も10.46件で、全機種平均の4.58件を大きく上回っている.
posted by AoyamaMiho at 12:48| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。